PRESS
プレスルーム

PRESS   プレスルーム

プレスリリース

報道関係者各位

株式会社みんなのウェディング
2017年5月8日

みんなのウェディング「ナシ婚」に関する調査2017 ~ナシ婚層の実態~ ナシ婚の新三大理由は「経済的事情」「セレモニー的行為が嫌」「結婚式以外のことにお金を使いたい」

結婚式場選びの口コミサイト「みんなのウェディング(http://www.mwed.jp/)を運営する株式会社みんなのウェディング(本社:東京都中央区、代表:石渡進介)は、入籍はしたが結婚式はしない、いわゆる「ナシ婚」層の傾向把握を目的としたアンケート調査結果をレポートいたします。

 

■ナシ婚とは
『ナシ婚』とは、「入籍はしたが結婚式はしない」という結婚の形態。この形態は、様々な要因や価値観の変化による傾向と考えられており、その実態把握のために調査を行いました。

 

■総括
ナシ婚の三大理由は昨年まで5年連続「経済的事情」「セレモニー的行為が嫌」「おめでた婚」でしたが、2017年の調査では「経済的事情(23.2%)」「セレモニー的行為が嫌(10.6%)」「結婚式以外のことにお金を使いたい(9.9%)」となり、「おめでた婚(9.3%)」が4位となりました。
ナシ婚層が結婚を機に行ったことは、「結婚指輪の購入(61.7%)」「身内だけの食事会(61.1%)」「メールで結婚を報告(51.9%)」が上位の回答となりました。
ナシ婚層が結婚を機に今後やってみたいことは、「婚礼衣装での写真撮影(48.6%)」と「ハネムーン(43.7%)」がダントツで多い結果となりました。
ナシ婚層の結婚式以外のお金の使い道は、「貯金(19.2%)」「子供の養育費(18.2%)」「生活費(15.2%)」といった今後の生活に充てるという回答が多く見られました。

1.ナシ婚三大理由は「経済的事情」「セレモニー的行為が嫌」「結婚式以外のことにお金を使いたい」

ナシ婚の三大理由は昨年まで5年連続「経済的事情」「セレモニー的行為が嫌」「おめでた婚」でしたが、2017年の調査では「経済的事情(23.2%)」「セレモニー的行為が嫌(10.6%)」「結婚式以外のことにお金を使いたい(9.9%)」となり、「おめでた婚(9.3%)」が4位となりました。

 

 

2. ナシ婚層が結婚を機に行ったことは「結婚指輪の購入」「身内だけの食事会」「メールで結婚を報告」

ナシ婚層が結婚を機に行ったことは、「結婚指輪の購入(61.7%)」「身内だけの食事会(61.1%)」「メールで結婚を報告(51.9%)」が上位の回答となりました。

 

3. ナシ婚層が結婚を機に今後やってみたいこと 「婚礼衣装での写真撮影」「ハネムーン」がダントツ

ナシ婚層が結婚を機に今後やってみたいことは「婚礼衣装での写真撮影(48.6%)」と「ハネムーン(43.7%)」がダントツで多い結果となりました。

 

 

4. ナシ婚層の結婚式以外のお金の使い道は今後の生活に充てる「貯金」「子どもの養育費」「生活費」

ナシ婚層の結婚式以外のお金の使い道は、「貯金(19.2%)」「子供の養育費(18.2%)」「生活費(15.2%)」といった今後の生活に充てるという回答が多く見られました。

 

 

ナシ婚層の本音コメント
アンケートの自由回答に寄せられたナシ婚層の本音コメントです。

■ナシ婚の理由について

<経済的事情>
・金銭面が厳しく子供も産まれるので貯金をしなければいけなかった。(福島県 20代 女性)
・挙式、披露宴は行いたいがお金がない。(神奈川県 20代 女性)

<セレモニー的行為が嫌>
・人前に出るのがいや。面倒。注目されるのが苦手。(新潟県 30代 女性)
・晴れ舞台が苦手。(神奈川県 30代 女性)

<結婚式以外のことにお金を使いたい>
・挙式、披露宴にお金を使うよりも、その後の生活や貯蓄に回したいから。(愛知県 30代 女性)
・式をするお金で旅行したほうがいいと思ったため。(東京都 30代 女性)

<その他の理由>
・妊娠中で体調も悪く行う気にならなかった。今は子どもがもう少し大きくなるまではやりたいと思わない。(愛知県 20代 女性)
・ドレスをきて写真撮影だけで満足してしまった。(北海道 20代 女性)

 

※本リリースに掲載していないグラフや項目もございます。詳細はお問い合わせください。

 


 

■みんなのウェディング「ナシ婚」に関する調査2017 概要
・アンケート方法:インターネット調査
・アンケート期間:2017年3月10日(金)〜3月11日(土)
・対象者:既婚女性(全国/入籍して3年以内)
入籍しているが、挙式・披露宴両方とも行っておらず、現時点でその予定はない20〜39歳の女性
・有効回答数:316
・年代:20〜24歳(16.8%)、25〜29歳(32.9%)、30〜34歳(33.2%)、35〜39歳(17.1%)